オスグッド病をただの成長痛と侮るべからず!

オスグッド病になったら安静を保つ!

スグッド病と運動の関係とは?

 

オスグッド病は、スポーツをよくするお子様が発症しやすい病気だと言えます。普段から、野球やサッカー、バレーボール、テニスやバスケットボールなど、激しい運動を頻繁に行う機会のあるお子様や、姿勢の悪いお子様が、オスグッド病にかかりやすいと言えます。

 

運動をよくするお子様でも、勿論発症しない子もいます。ポイントは、日常的に、徒労した筋肉をよく揉み解しているか、筋肉が緊張したままではないか、筋肉にずっと負担がかかってしまっている状態にしておかない事です。運動をしていても、一日の終わりによく筋肉を休めているお子様でしたら、オスグッド病は発症しにくいと言えます。

 

また、運動などあまりするお子様ではなくても、日頃から猫背の態勢だったりと、姿勢の悪い方でしたら、その分、筋肉に大きな負担がかかってしまいがちになってしまうので、それだけオスグッド病になりやすいと言えます。

 

オスグッド病には安静が一番!

 

オスグッド病と診断されてしまいましたら、病院で処方された薬を服用する事も大切ですが、まずは、安静にしておく事が必要です。オスグッド病の回復には、何が一番効果的かというと、やはり「安静」にしておく事なのです。

 

あまり激しい運動は避け、静かに体を休めるようにしましょう。マッサージを行うのもいいですし、手で揉んであげるのもいいでしょう。安静時にも、軽いエクササイズ程度でしたら問題はありません。オスグッド病が改善されても、運動をした後は、必ず筋肉を休め、クールダウンの習慣をつけていくといいでしょう。