オスグッド病をただの成長痛と侮るべからず!

オスグッド病を再発させない身体づくり

オスグッド病とは

 

オスグッド病って、何かご存知でしょうか?
この病気は、「オスグッド.シュレッター症」とも言い、発症は、小学校高学年〜高校生くらいまでの方に多く発症する膝の病気です。

 

症状としては、膝の関節が痛んでしまうという病気です。膝のお皿の少し下の骨の部分が膨らんでしまい、その部分を押すと痛みが走ったり、ジャンプしたり屈伸など、膝の動作をすると、激痛を感じるという点が、オスグッド病の大きな特徴だと言えます。

 

オスグッド病になりやすい人

 

オスグッド病というのは、女性よりも、男性に多い病気ですが、10〜14歳までの間に発症するケースが多く、基本的にはお子様が抱えやすい病気となっています。整形外科に通うといいのではと考えがちですが、整形外科との因果関係は明らかにされていません。

 

オスグッド病自体が、まだまだ調査が必要な病気ですので、不明瞭な点の多い、比較的珍しい病気となります。特に、運動をよくする子供達を中心に発症しやすい病気です。バスケットやサッカー、テニスやバレーボールなどで、ジャンプをしたり、走ったりするという行動をする機会の多い子供達が、よくこのような病気にかかるようです。

 

オスグッド病を再発させないためにも

 

オスグッド病というのは、とても再発しやすい病気だと言えます。意識次第で、再発を防止する事もできますが、一体どのような点に気を付けていればいいのでしょうか?もしもオスグッド病と診断されてしまったのなら、運動を極力控え、安静にしている事が必要です。

 

しかし、中には運動をする機会が多い方、避けられない方、また、運動が元々お好きな子もいるはずです。そのような方は、運動をしてもいいのですが、した後には必ずシャワーを浴びて筋肉をほぐすなど、毎回筋肉のセルフケアをしていく事が必要です。